ブログ開設方法 〜 ①はじめに決めたこと編

今回、はじめてブログ開設してみたんですが、やるべきことが多くて意外と大変でした。

これからブログを立ち上げたいと思っている方の役に立つ気がするので、どんなことをやったのか、どんなことに困ったか、どうやって解決したか、を整理しておきたいと思います!(もちろん、自分のためにも!笑)

やったことの全体像

全体像は以下の通りです。本日は、はじめに決めたことについて記事を書きます。

  1. はじめに決めたこと(作業環境を決める) ← 本日の内容
    • 既存サイト(例:アメブロ) or 自前サイト(例:有名人の独自ブログ)の決定
    • 既存サイトなら具体的なサイトの選定
    • 自前サイトならツール/サーバの選定
  2. 技術的にやったこと(手を動かす)
    • サーバーの設定
    • wordpressの設定
    • google分析ツールの設定
    • 広告収入を得るための準備

はじめに決めたこと

本サイト(なぴNAVIのブログ)の開設では、作業環境に関して以下の通り決めました。

  1. 既存サイト or 自前サイト  → 自前サイトでやる
  2. ブログツール        → wordpressを使う
  3. レンタルサーバー      → ConoHa WINGを使う

なぜ、作業環境を決める必要があるかというと、作業環境次第で、ブログ開設・運用にかかる時間、費用が大きく変わるため、です。

ご参考までに、今回のブログ開設・運用にかかった時間、費用の内訳も載せておきます。

  • 時間:
    • 作業環境を決めるまでに3日くらい
    • 実際にサーバー契約してブログっぽいものが出来上がるまでに2-3日
    • 今後のブログ更新/メンテナンスに数時間/週(見込み)
  • 費用:
    • ブログ立上げにかかった費用は1万1296円(サーバーレンタル費用1年分のみ)
    • 今後のブログ運営にかかる費用は1万1296円/年(来年度のサーバーレンタル費用)

今回、独自ドメイン、SSL証明など運営に必要な機能は、サーバーレンタルの標準機能に含まれていたので、年間1万円くらいでブログ運営ができます。wordpressでは、簡単にサイト構成や見栄えを調整できるので、メンテナンスにかかる時間を大幅に削減できます(詳細は今後の記事で紹介します)

困ったこと

まずは、今回のブログ運営で実現したいことと、そのための制約条件を明らかにすることから始めたのですが、これまで全く経験がなく、どのような作業環境が良いのか全く分かりませんでした。

  • 実現したいこと
    • ブログもやりながら、ゆくゆくは別のWebサービスを立ち上げたりしたい
    • ブログで稼いでみたい(クリック広告やアフィリエイトなど)
  • 制約条件
    • 数万円規模の初期投資が発生するのは辛い
    • あくまで副業なのでそんなに学習コストや、運用に時間をかけたく無い

ブログサイトは世の中にたくさんありますし、ブログツールについても無料で使えるものがいろいろ出回っていますし、レンタルサーバーなんて数が多すぎて、、、、

どうやって解決したか

まずは無料(=ノーリスク)でできることからはじめることにしました。具体的には、hatenaブログを試してみたり、無料サーバー(heroku)+Webフレーム(ruby on rails)を試してみたりと試行錯誤しました。

結果、以下の理由で、「自前サイト&wordpress&ConoHa WINGで運営するのが良さそう」という結論に至りました!

  1. 既存サイト or 自前サイト → 自前サイトでやる
    • 自前サイトは外観やページ構成を自由にカスタマイズできる
    • 自前サイトでは自由にサービスを立ち上げたり、広告やアフィリエイトを導入しやすい
    • 既存サイトは運営サイト都合のサービス終了により継続できなくなるリスクがある
  2. ブログツール       → wordpressを使う
    • wordpressなら視覚的な操作で簡単にブログやサービスサイトが作れる
    • ruby on railsなどのガチなプログラミング言語でブログを作るには時間がかかりすぎる
  3. レンタルサーバー      → ConoHa WINGを使う
    • wordpressがインストールしやすい
      →この条件でwordpressオススメ系のレンタルサーバー に絞られました
    • ドメインが沢山増やせる(今後他のサービスを立ち上げる可能性があるので)
      →この条件で格安サーバーが消えました
    • 回線が安定したサーバーである(今後も長く使う予定なので)
      →この条件でXserver、ConoHa WINGの2択になりました
    • 初期費用+月額費用を総合して安い
      →初期費用が無いため、XserverよりもConoHa WINGの方が少しお安いようです
    • 操作性が良い(初心者なので)
      →若干ですが、XserverよりもConoHa WINGの方が優れていそうに思えました
    • 無料サーバー(Herokuなど)は環境構築が大変だし、何より起動が遅すぎてイライラする

ちなみに、ConoHa WINGはXserverに比べて歴史の浅いサーバーであり、トラブル時の知見がWebに蓄積されていないことがデメリットのようですが、今のところは問題なく運営できています。また、上記に記載していないメリットとして、Webページ表示速度が早いことが挙げられていました。

最後に

お恥ずかしながら、ruby on railsを触るまでは、ITにそこまでアレルギー反応が出ない自信があったのですが、チュートリアル通りに作成するのが手一杯で、とても使いこなせる気がしませんでした笑

最後に、検討の参考になったURLを紹介してこの記事を締めたいと思います!

コメントを残す